いつまでも自分の歯で食事をするための予防医学

世の中には歯周病に悩まされている方々はとても多いと思います。

また、現段階では歯周病ではなくても、その予備軍の方々は更に多いと思います。
まず、病気の実態を知り、予防することで、いつまでも健康で自身の歯で食事をすることが可能になります。

入れ歯やインプラントなど、医療技術は向上していますが、出来ればずっと自身の歯が現役で食事ができることが望ましいですね。

歯周病・歯槽膿漏の予防・治療ガイド


インプラント治療って?

インプラントは歯の治療方法のひとつです。
失った歯の代わりにインプラントという人工の歯を取り付ける手術になります。

インプラント治療はレントゲンを取り歯茎の状態や歯の状態を診断して、麻酔を使って行う大掛かりな手術になりますので、医師と十分なカウンセリングが必要になります。
歯の手術は体の負担も大きいので、体調を万全にして行いましょう。

手術後は歯磨きや定期健診などのアフターケアが必要です。
アフターケアを怠るとインプラント周囲炎などを発症する可能性があります。

歯磨きは歯周病や糖尿病、脳梗塞などの予防にもつながりますので、必ず行いましょう。

見た目を改善する事ができるインプラント

顔の中でも表情を良く見せるためには、歯がきれいであると好印象を与える事もできるでしょう。

でも、歯に関する悩みっていろいろありますよね。例えば、歯並びがなめらかではない、抜けてしまいない歯がある、色が白くない、など人によって様々です。
きれいな歯を手に入れたいのであれば、インプラントにするだけで簡単に思い通りの歯が手に入れられるかもしれませんね。

しかし、他の歯科治療とは違ってインプラントというのは手術を受けなくてはいけません。

そのため、少しハードルが高いと感じてしまっている人もいる様ですね。歯がない時に行う治療の一つですが、見た目の問題点も解決する事もできます。