歯科インプラント専門医に相談

最近、歯の治療法としてインプラントが人気を高めています。しかし、インプラントは高額な治療費が必要なため、治療を行えない人も多いようです。

治療費が高い理由は、保険が適用する一般の治療などとは違い、インプラント治療は自由診療になるからです。しかし、自由診療なので歯科医院によっては費用が様々です。

高額で、かつ手術を伴うため、いろいろ問題にされることも多い。だからこそ、信頼のおける歯科医にご相談ください。

日本インプラント学会なるものが、認定医としている医者がいます。

そのような専門性の高い医療は歯科インプラント専門医に相談するのがいいかもしれません。老後の快適な食生活を考えるといろいろな知識が必要かもしれません。

インプラントを受けないという選択肢

歯がない状態で何か治療を行わないといけない、となった時にインプラントを受けるべきかそうではないか、と言う事で悩む人は多いみたいですね。

インプラントを埋め込んだけれども後になって、ぐらついてきた、出血するなどという大きな問題が起きている人もいるみたいです。

また、この治療は他にもブリッジや入れ歯で代用する事もできます。
ですので、この治療を選択しないという事もできます。患者の意思にもよります。

どうしてもリスクが気になるという時には、納得できるまで時間を置いて考えるといいでしょう。

納得できない部分があっても無理に治療を行ってしまうというのではなく、ゆっくりと進めていくといいでしょう。

歯科でのインプラント治療では顎の骨の構造を把握するためにレントゲンを撮ります

歯科治療の一つにインプラントという治療法があります。

インプラントは義歯を取り付ける方法の一つなのですが、入れ歯など従来の方法で起きる問題を解決することに成功した治療法です。

インプラントは、顎の骨を削って金具を埋め込み、その金具に義歯を取り付けます。そのため入れ歯のように間に食べ物が挟まったり、合わなくなって食べ物が噛めないといった問題が起きません。

治療では、まず顎の骨の構造や状態を正確に把握する必要があるので顎の骨のレントゲンを撮って、治療の計画を立てます。インプラントは全ての歯科で行っているわけではないので、事前に調べてから受診しましょう。


アレルギーは最近は花粉症などで増えてきています。アトピー性皮膚炎などで治療してもなかなか完治しないときに金属アレルギーで歯の治療に使われていた金属が原因だった症例があったので、日本で作られる義歯やクラウンには原因になりにくい金属がつかわれるようになっています。

歯周病では細菌によて炎症が口内で起こるので、花粉症やアトピー性皮膚炎などで免疫性が過敏になっている人ではさらに過敏に反応します。これらの病気は相互に反応するので症状がひどくなりやすいです。

どちらも早く原因を取りのぞいて治療することが大切です。

インプラント治療に関する記事