途中で二重整形のまぶたが元通りに

簡易的な方法で二重整形をすると、数年後にまぶたが元通りの一重になってしまう事もあるようです。その二重整形についていろんな意見を持つ人がいます。

まず肯定的な意見として、まぶたが元通りになる可能性があるというのは、再手術を必要とする事もあるが、二重整形が自分の希望と異なる場合に、その状態が永遠に続かないというのは逆にメリットとなる事もあります。

否定的な意見としては、頑張って行った二重整形のまぶたが元通りになると、がっかりする人もいる様です。

クリニックによっては、一定期間内にまぶたが元通りになったなら、無料でまぶたに二重整形の再手術を実施してくれる所もある様ですね。事前の確認が必要ですね。

二重整形の経過を観察しよう

二重整形の術後の経過をきちんと観察することによって、様々なリスクを未然に防ぐことが可能となります。近頃は、二重まぶたについて、コンプレックスを抱えながら生活をしている女性が少なくありませんが、人気の高いクリニックの評判の良いサービスの特徴を理解することがおすすめです。

二重整形のメリットやデメリットについて知りたいことがあれば、同年代の人々の口コミの内容をチェックすることが望ましいといえます。その他、二重まぶたの状態は、一人ひとりの体質や生活習慣に左右されることがあるため、専門の医師に相談をすることが良いでしょう。

人によって経過の異なる二重まぶたの二重整形

二重整形とは、二重まぶたを形成する美容整形です。施術方法には大きく分けて、埋没法と切開法があります。二重整形の経過は人によって実に様々です。術後はどんな方法でも多少は腫れますが一般的に、まぶたを手術用の糸で止める埋没法の方が、まぶたを切開する切開法より腫れが少ないです。

また、二重の幅を広く作った人の方が腫れが強くなりやすいです。腫れている状態だと二重の幅が広くなりますが、時間の経過で腫れがおさまってくると共に、幅も狭くなってきます。その後も少しずつ幅が狭まっていき、最終的な二重の幅が決まるまでは数カ月かかるときもあります。

美容整形|目元の二重整形で注意したいこと

二重まぶたの美容整形では、手術で切開を行う切開法と、細い糸を使ってまぶたの裏側から縫いとめる埋没法などがあります。切開法の場合、まぶたの脂肪なども一緒に取り除くことで、目元の印象が大きく変わることがあります。

半永久的な効果を得られる方法ですが、一度施術を行うと修正するのは難しいので注意が必要です。埋没法は切開を行わないので、糸が切れて元に戻る可能性があるものの、失敗した時に修正が容易というメリットもあります。二二重まぶたにするために二重整形を行う時は、方法ごとのメリット・デメリットをよく理解してから施術を行いましょう。

二重整形でモデルのような目に変身

人は基本的に目を見て話をします。ですから、その人の印象は目に残ることが多いでしょう。二重整形ではモデルのようなぱっちりした二重まぶたを手に入れることができます。これまで目にコンプレックスがあり伏し目がちだった人が施術を受け、目が印象的な明るい人に変わることもあります。

最近では、メスでまぶたを切開して溝を作るのではなく、糸をまぶたに埋め込み二重にする方法があります。心臓外科手術で使用する非常に細い糸を使用するので、子供の柔らかい組織でもできる施術です。出血、痛み、腫れが少ないことも魅力で、気軽に受ける人が増えています。

難しくない二重整形とは

人工的に目元に二重まぶたを形成する二重整形は、特に近年、様々な方法が導入されており、以前よりも手軽に受けられる美容整形として認識されるようになりました。全国の美容クリニックでは、メスを用いて目元に切り込みを入れる切開法とは対照的に、注射器や糸のみを用いた埋没法も多く取り扱われており、施術時間や施術料金、さらに効果の持続などについても違いが見られます。

事前のカウンセリングを通じて担当医師とのコミュニケーションを図ることができれば、それぞれの施術に関するメリットやデメリットも、より詳しく聞くことができるでしょう。

公益社団法人 東京都医師会

〒101-8328 東京都千代田区神田駿河台2-5 TEL:03-3294-8821

https://www.tokyo.med.or.jp/

二重整形に関する記事