抗生物質を処方される事もある歯槽膿漏

歯や歯茎に異常が出る歯槽膿漏の症状が出て、歯科医に行くと抗生物質を処方されたという人もいる様です。

よく風邪をひいた時にも抗生物質が処方される事も多いのではないでしょうか。細菌が原因となっている場合には効き目があると言われています。

飲み薬ですので一定の期間は医師の指示に従って飲むだけです。

しかし、歯槽膿漏に対しては、他の治療も併せて行われる事が多い様ですね。歯石を取り除いたり、その後もケアは念入りに行う必要があるそうです。

また、時間が経つと別の個所が感染したり、再発してしまったりすると言う事も考えられます。一度感染した事のある人は、予防やケアはしっかりと行う様にしましょう。

歯槽膿漏になってしまう人

歯槽膿漏は私たちの歯を支えている骨が溶けてしまい、物を食べる時に大事な役割を果たす歯を失ってしまう恐ろしい病気です。

その原因としては細菌によるものと考えられていますが、歯槽膿漏は遺伝すると言った話を聞いたことがある人もいると思います。

遺伝性があるのかは、現在の段階でははっきりとした因果関係が見つかっていないため結論は出せませんが、細菌の住みやすい口の中の環境はある程度遺伝されることはあります。

また、いくら口の中のケアに気を配っていても歯槽膿漏になってしまう人もいれば、逆に特別なことは何もしないでも大丈夫な人もいます。

予防のためには口の中のケアだけではなく、普段の生活を少しずつ改善していくことも大事になってきます。

歯周病の予防と治療に関する記事