マイクロスコープを海外に出すには

日本製のマイクロスコープは精密で、質もいいということから海外に出す機会も多く、海外向け出荷担当しているような企業も沢山あります。昔から対海外で仕事をしてきている会社ですと輸出自体慣れているのでそこまで問題も起きないのですが、海外に荷物を出すということに慣れていないとわからないことだらけですよね。

まずは今まで取引したことがないのでしたら信用できる通関業者さんを探してくるのがまず真っ先にやらなければならないことです。通関業者を先に決めておかないとその後の手続きができないと言っても過言ではないので、まずは複数の企業から見積もりを取りましょう。

マイクロスコープに期待を持っていく

これから利用することを考えている病院などが、マイクロスコープに期待を持っている部分も多くなっています。期待している部分としては、あまり診察できなかった部分が診察できて、多くの患者さんを助けることができる部分です。

正しい情報によって、解決できるようなイメージをしっかり持てるようになっているなら、それはすごく良いことでしょう。マイクロスコープは、今後も導入するところが増えていきますが、期待を持っているからこそ導入されていくのです。期待されていないような設備を使うことをよしとしていませんから、安心して使えるものに限られていきます。

マイクロスコープによるチェックで変わる

これまでの目視では、なかなか見ることのできなかったものも見えるようになり、マイクロスコープはかなりいい商品となります。実際に使っている人にとって、これまでよりもチェックが厳しくできるようになり、見えてこなかったものが見えるようになります。

観察の部分では、ちょっとした変化も考えていけるようになりますし、医療の現場では病気の発見に繋げられるようになります。かなり環境として、安心できるような状況になるのは間違いありません。マイクロスコープを活用しているからこそ、大きな期待を持つことのできるチャンスは多くなっています。

マイクロスコープの梱包で気を付けること

マイクロスコープは繊細な機械ですので国内輸送でも気を使いますが、それ以上に海外に出す場合にはより一層気を付ける必要があります。よくこういった機械を出す時の梱包で目にするのが木をその機械の大きさに合わせて梱包をするというものなのですが、ここで注意するべきなのが中国に出す場合です。

中国では輸入する時に生の木を利用していると受け入れできません。下手をすると木ごと燃やされてしまうことがあります。そのため中国向けの貨物の際には必ず燻蒸をしてから梱包に利用するようにしてください。燻蒸をしましたよというマークがありますのでそちらのマークをつける必要があります。

マイクロスコープの株式会社セルミック

〒525-0032
滋賀県草津市大路1-1-1 エルティくさつ 4階
TEL.077-516-4755

〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町1-8-13 平野町八千代ビル5F
TEL.06-4708-4858

〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄1-18-1

http://www.selmic.co.jp/

マイクロスコープの製造、販売。

マイクロスコープに関する記事