TOP > マイクロスコープ > マイクロスコープを使うことのメリット

マイクロスコープを使うことのメリット

歯科の治療の中でも神経を抜く治療、いわゆる根管治療は歯の根の中をきれいに掃除しなければならず、それがうまくできないと歯の寿命を縮めてしまう、最も難しい治療の1つとされています。

一般的には、レントゲンや歯科医の勘と経験だけを頼りに行っていくことが多いですが、肉眼で見づらい部分のため、完璧に行うのが難しいです。しかし、マイクロスコープを使うことで、歯の根の中を20倍に拡大することができるため、歯の根の中の汚れを見やすくすることができ、しっかりと消毒を行ったり充填治療を行うことができ、再治療の必要性がほとんどありません。

マイクロスコープは確実な動作で

動作をしっかり行わない場合は、非常に厳しいと感じるところが増えてきます。マイクロスコープは特に重要になっていて、使いたい時にしっかり動作してくれるような状況とならない限り、利用していくのは厳しいと感じられるでしょう。

そして用意されているマイクロスコープが、しっかり機能してくれることに期待しています。多くの期待を持って導入している設備ですから、正しい機能をしっかりつけられるようにしなければ大変です。そのための対策をしっかり考えていけるようにしながら、導入する機械を考えていくようにしてください。後は用意されているサービス次第です。

マイクロスコープを使いこなしてみる

マイクロスコープを使うシーンにおいて、人によっては操作に慣れておらず時間がかかるようなケースもあるでしょう。機械操作が得意な人や長い間使用されているような人であれば、操作がすぐにできることから時間がかからず操作できることでしょう。

操作に慣れ、時間がかからずにピントを合わせることができれば、マイクロスコープをさまざまな形で使用することができるでしょう。仕事などで使用する場合においては時間も限られていますので、その場合においての操作性は大切であることがあげられます。まずは身の回りのものを使用して、さまざまなものを観察することをおすすめします。

マイクロスコープで品質も見極められる

マイクロスコープは顕微鏡の一種であり、形式は大きく分けて光学式のタイプと電子式のタイプがあります。近年においては電子式のタイプであるマイクロスコープが発展していて、ミクロのものも観察できるようになっています。

この発展によってこれまではできなかった治療や病気の発見、さまざまな分野での発展なども可能になりました。使用の用途は多岐に広がっていて、現代においては必要不可欠なものになっています。これまで見られなかった世界を見ることができますので、興味のある人は個人用の仕様のものを購入してみてもいいでしょう。

業界で活躍するマイクロスコープ

マイクロスコープは手術等で使う顕微鏡のことです。普通の顕微鏡と違ってモニターに写し出すことができ、最大で約30倍まで拡大して見ることができます。最初に眼科の手術の時に使用され、それ以来様々な医療分野で欠かせない存在になっています。

歯科で初めて使用されたのが歯の中にある神経を除去あるいは消毒する治療の時です。現在では、インプラント治療のほか、あらゆる歯科診療で使われています。マイクロスコープを使うことによって、肉眼では確認できない問題点が確認できて、より正確な診断で精度の高い治療ができるようになります。

マイクロスコープの発達

最近の新しいマイクロスコープは細胞の構造の詳細まで明らかにされ、医学の分野でも大変役立っています。または歯科においても、歯の神経や血管といったミクロレベルの患部も簡単に確認出来るようになり、より正確な治療が可能になりました。

そしてマイクロスコープは対象物をモニターに映し出して観察出来るメリットがあり、レンズも手持ちが可能なので、左右上下斜めからでも対象物を捉える事が可能です。被写体に触れる事なく360度観察でき、照明の切り替えだけで偏向観察を可能にしています。またアダプターを装着すれば様々な観察が可能です。

マイクロスコープの株式会社セルミック

〒525-0032
滋賀県草津市大路1-1-1 エルティくさつ 4階
TEL.077-516-4755

〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町1-8-13 平野町八千代ビル5F
TEL.06-4708-4858

〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄1-18-1

http://www.selmic.co.jp/

マイクロスコープの製造、販売。

マイクロスコープに関する記事

メニュー

TOP 歯周病 インプラント インプラント専門医 マイクロスコープ 二重整形大阪