歯を治療する歯科

歯科は歯を治療する診療科です。大学病院などのいくつかの診療科が集まった病院にも存在しますが、独立している歯科が多いです。

街のいたるところで見かける歯科ですが、同じ歯科でも治療目的や治療内容が違います。

例えば、虫歯の治療をするのが一般歯科と呼ばれる歯科ですが、噛み合わせや歯並びを治療するのが矯正歯科になります。

他にも歯のホワイトニングなどの治療を行う審美歯科や子供の歯の治療をする小児歯科などもあります。

症状や目的に合わせて歯医者を選びましょう。

歯の治療を行う診療科

いわゆる歯科とは、歯の治療を行う診療科のことで、基本的に歯科医師しか歯科医業はできません。

歯科医師になるためには、6年制の歯学部、歯科大学を卒業し厚生労働大臣が行う国家資格を取得しなければなりません。

歯科には、歯科医師の他に歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手などが従事していることが多いです。また、受付のスタッフが歯科助手をしている場合もあります。

「歯医者は嫌い」とい思われる方は多いでしょう。その理由として、治療時の痛みや不快なイメージが強いからだと言われています。

しかし、最近では、痛みが苦手な人のための無痛治療をしている歯科もあります。痛みが和らげば恐怖心も少なく、行きやすくなるでしょう。

体の健康は歯の影響を強く受けています。症状が無くても歯科で定期的に検診するように心掛けましょう。

歯周病の予防と治療に関する記事