埋没法のプチ整形について

人気のある美容整形の施術は一重まぶたを二重まぶたにする手術です。
二重にする手術は様々な種類がありますが、埋没法という方法が一般的でリーズナブルです。

埋没法とはまぶたを糸で固定する方法です。メスを使わないので、傷跡が目立ちにくくわずかな時間で手術をすることができます。まれに二重にしても一重に戻ってしまう場合もありますが、再手術することができます。

くっきりした二重にしたいなら切開法の方が良いと言われています。

切開法はまぶたの皮膚を切開して縫い合わせる方法になります。大きくぱっちりした目になりますが、料金が埋没法よりも高くなり、腫れるのでよく考えてから行いましょう。

一日で完了する二重整形による二重まぶた

最短で二重整形による二重まぶたを行う事について考えると、カウンセリングと手術を同時に行う事ができれば、一日で完了する事になります。しかし、二重整形による二重まぶたは、術後は腫れたり赤くなったりする事もある様ですので、すぐにきれいになれるという分けではない様です。

しかし、ダウンタイムを過ぎ、時間が経つと二重整形による二重まぶたは、手術をした事が分からないくらいにナチュラルに馴染む事もある様です。二重整形による二重まぶたにするのは、若い人であっても利用しやすいのではないかと思います。メイクで二重にするのが億劫に感じられた時には二重整形で二重まぶたにするいいチャンスと言えそうです。

両目の二重整形のポイント

両目の二重整形に挑戦をするうえで、大阪の実績のあるクリニックの最新の治療法をチェックすることが肝心です。特に、身体的な負担の軽い手術の方法を選ぶには、ある程度の知識が必要となることがあるため、定期的に優秀な医師に助言をもらうことがおすすめです。

近頃は、二重整形の手術のメリットやデメリットについて、女性向けの美容雑誌などで紹介される機会が増えており、将来的なトラブルを未然に防ぐために、通院先の選び方にこだわることが重要です。その他、両目の見栄えを良くするために、アフターケアのやり方に気を配ることがポイントです。

二重整形のハレのリスクに備えよう

二重整形の手術後に患部のハレに悩まされる人は決して少なくありませんが、アフターケアの内容が充実している美容外科にお世話になることで、こうしたリスクを最小限に抑えることも可能です。

また、肌質が弱い女性にとっては、術後のケアの種類に注目をすることで、長期的に二重まぶたの良好な状態をキープすることができます。一般的に、二重整形が行われているクリニックの取り組みに関しては、美容関連のガイドブックやウェブサイトなどで取り上げられることがあるため、短期間のうちに美容整形のメリットを検討することがおすすめです。

二重整形手術にかかる費用

美容外科の手術の中でも、もっとも人気があるのが、美容整形の二重整形手術となっています。目をぱっちりと大きくすることで、顔の印象も明るくなり、華やかな目元を作ることができることから、手術を受ける人が年々増加しています。二重整形手術を受けることで、二重まぶたにすることができますが、手術によって効果や費用、持続期間などが異なりますから、あらかじめ知っておくことが大事です。

手術には、埋没法と、部分切開法、全切開法があり、中でも埋没法はいくつものバリエーションがあるため、値段がわかりにくくなっています。埋没法は、まぶたに医療用の糸を埋め込むことで、二重まぶたにしていく方法で、簡単に行えるため、もっとも人気のある手術をいえます。

相場としては、8万円程度となりますが、数年で元の戻るというデメリットがあります。一方、部分切開法は、まぶたの皮膚を1センチ程度切開して二重を作る方法で、相場は25万円程度です。全切開法は、3センチ程度まぶたを切開していく方法で、平均して28万円程度かかります。

美容整形|目頭切開の二重整形は切り過ぎに注意!

二重まぶたというのは多くの人が憧れるものです、また、美容整形というのも一般的になってきて、今ではプチ整形という言葉や、整形メイクという言葉もある位です。大きな瞳に多くの人が憧れるのです。

その方法として目頭切開というその名の通り、目頭を切って目を大きく見せる方法があります。ここで注意したいのが、幾ら二重まぶたが魅力的だからと言って、二重整形のため、瞳が不自然な、いわゆる整形顔になってしまうということです。

人に愛されたい、綺麗になりたい、と思ってする整形が、マイナスの方向に行ってしまうのは悲しいことです。どうか、切り過ぎには注意して、医師と納得するまで話し合うことを心がけましょう。

二重まぶたにするための二重整形の方法

二重はくっきりハッキリとした印象を与えるので憧れるもので、一重にコンプレックスを抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんなコンプレックスを打破してくれるのが二重整形です。これには二つの手法があり、埋没法と切開法と呼ばれます。

埋没法はまぶたに糸を通すことで二重まぶたにする方法です。糸を抜くことで元に戻ることも可能です。切開法はまぶたにメスを入れることで二重に整形します。糸が抜けるリスクはありませんが、数日は腫れるようです。こういった手術を得意とするクリニックは大阪などにも多くあるので、検索し比較検討してみてください。

二重整形を受ける前に知っておきたい、二重まぶたの種類について

二重まぶたには種類がいくつかあります。どの様な二重まぶたになりたいかを考えることで、成功への道は近くなります。手術前に二重の種類を知っておく事が大切です。奥二重や末広型二重、平行型二重などの種類があります。

奥二重はよく知られていて、知的なイメージの印象です。末広の二重は、目頭から目尻に沿って少しずつ二重の幅が広がる二重の事を言います。日本人の多くがこのパターンである事が知られています。平行二重は、二重とまつ毛のラインの二つが平行になっている二重を言います。日本人にこのタイプはほとんどいません。大阪や東京などでも二重整形は数多く実施されていますので、カウンセリングを受ける事をオススメします。

二重まぶたになりたい方の二重整形はkunoクリニック。自然な仕上がりの二重整形で有名。大阪、東京にクリニック。

二重整形に関する記事